ベジファスの成分でアレルギーになるようなものあるの?

ベジファス 成分

 

ベジファスの成分が気になる方は必見です。

 

ベジファスは機能性表示食品で消費者庁に登録されています。

 

消費者庁届け出番号はB93です。

 

栄養成分

エネルギー:9.6kcal
脂質:0.02 g
炭水化物:6.9 g(糖質0.89g、食物繊維6.01g)
食塩相当量:0.04 g
タンパク質0.02g
機能性関与成分:難消化性デキストリン(食物繊維として)5g

 

原材料名
・難消化性デキストリン(食物繊維)
・シークヮーサー果汁
・野菜
・野草
・果実混合発酵液(糖蜜、黒砂糖、ヨモギ、ウコン、その他)
・果実酢/酸味料
・ゲル化剤(増粘多糖類)
・甘味料(ステビア)
(一部にりんごを含む)

 

※リンゴアレルギーの方は注意してください!

 

植物発酵エキスに含まれているもの

下記の80種類の植物が含まれます。
【野草類】ヨモギ、ウコン、ドクダミ、キダチアロエ、高麗人参、センシンレン、オトギリソウ、クマザサ、タンポポの根、霊芝、アマチャヅル、トチュウ葉、オオバコ、カンゾウ、マツ葉、ナンテンの葉、アマドコロ、ツユ草、ツルナ、マカ、トンカットアリ、ハブソウ、ハト麦、スギナ、ビワ葉、ラカンカ、クコの実、レンセンソウ、モモの葉、イチョウ葉、ニンドウ、イチジクの葉、ベニバナ、エゾウコギ、エンメイソウ、モロヘイヤ、セッコツボク、アカメガシワ、クコ葉、カキの葉、カミツレ、カリン、シソ葉、桑葉、メグスリの木、田七人参、キキョウ根、ナツメ、サラシア、マタタビ、エビス草の種子、紅参、アガリスク、ルイボス、アムラの実、タマネギ外皮、キャッツクロー【野菜類】トウガラシ、ショウガ、シイタケ、ニンジン、タマネギ、パセリ、キャベツ、ゴボウ、モヤシ、ニンニク【果実類】ウメ、キンカン、イチジク、ミカン、パインアップル、リンゴ、グレープ、メロン、レモン、グレープフルーツ、アンズ【海藻類】コンブ、フノリ

 

どうでしたか?

 

上記の成分でアレルギーが出る方は控えたほうがいいですね。

 

ベジファスはアレルギー物質の中にリンゴが含まれていますのでリンゴアレルギーの方は注意してください。

 

ベジファスは中性脂肪や血糖が気になる方の救世主です。

 

健康を考えている方にはぜひとも知っていてほしいですね。

 

そんなベジファスなのですが実際に飲んでいる方の評判が気になりませんか?

 

そこで評判について調べました。

 

>>ベジファスの評判を見てみる