ベジファスは本当に効果があるのか根拠を調べたら…

ベジファス 効果

 

ベジファスの効果の根拠について調べました。

 

このページでは少しお堅い事を書いたページになってしまいます。

 

難しいことも出てきますがよりわかりやすくかみ砕いて説明したいと思います。

 

ベジファスは機能性表示食品で消費者庁に登録されています。

 

消費者庁届け出番号はB44です。

 

まずベジファスの基本情報を一部お借りしてきています。

 

機能性表示食品として消費者庁に登録された内容は情報が開示されるようになっています。

 

科学的根拠を有する機能性関与成分名及び当該成分又は当該成分を含有する食品が有する機能性 1. 機能性関与成分名

難消化性デキストリン(食物繊維として)5g
2. 有する機能性
難消化性デキストリン(食物繊維)は食事の脂肪や糖の吸収を抑えるので、食後の中性脂肪や血糖値の上昇を抑える機能があることが報告されています。
脂肪や糖の多い食事を摂りがちな方、食後に上がる中性脂肪や血糖値が気になる方に適した食品です

 

これに対して本当か?

 

なんて思いますよね(笑)

 

そこで実際に人で実験されたデータがありました。

 

モニーターの方たちの採血データから中性脂肪や血糖値の上昇が抑えられていることが証明されています。

 

ベジファスで脂肪や糖の吸収が抑えられるという科学的根拠が証明されました。

 

だから消費者庁で機能性表示食品の登録ができたわけなんですね。

 

ベジタブルファーストという言葉のとおり食物繊維を多く含んだ野菜を食前に食べることを推奨されていますが、現在の食生活ではなかなかできないですよね。

 

そこでベジファスだと手軽にいつでもどこでも持ち運べるので食事の前に摂取することができるのです。

 

まさに救世主です。

 

そんなベジファスを実際に飲んだ方の口コミが気になりませんか?

 

>>ベジファスの評判について調べた記事を見てみる。